オーガニック食品に関する情報が満載!

自然を喰らえ!

健康にもいいオーガニック食品

オーガニックとは農薬や化学肥料を使用せずに有機肥料によって生産された農作物及びその加工食品のことをいいます。
オーガニック食品は農薬や合成添加物や保存料等、人体の健康を害するものが使用されていないので安心して食べることができ、その多くが一般食品よりもビタミンやミネラルが豊富に含まれています。
また、化学農薬や化学肥料を使用しないことで土壌汚染や水質汚染を防止することで地球環境の保全や、自然界で生きる動植物を保護することで生物多様性を保全する目的もあります。
近年では一般的なスーパー等でも販売されているほか、専門に扱うネット販売店も多数あるのでオーガニック食品を気軽に購入することができます。
通常、1年に1回、専門の検査員が農場や加工場に直接行き、観察やインタビュー等を行うことでオーガニックの基準に適合しているかどうかを検査します。
後に検査員が提出した報告書に基づき、判定委員会が合議制で判断をします

オーガニック食品は健康にも環境にも良い

オーガニックという言葉をよく聞くけど、そもそもオーガニックって何、という人も多いのではないでしょうか。
この言葉は、化学肥料や化学農薬などを使うことなく育てられた食材やその育成法などを指す言葉として使われています。
そのため、この言葉が使われている食品や化粧品などは体に良いというイメージがあり、そのイメージ通り健康にも効果的な食材や商品と言えます。
この言葉が使われる食材は、化学肥料や化学農薬などの使用を最小限まで抑え、体に悪影響を与えないばかりか、環境にも良い効果を与えます。
化学肥料や化学農薬を使用してまうと土壌が汚染され、その土壌で育つ作物にも影響を与えます。
特に食材では、この言葉と対照的なものとして遺伝子組み換えがあります。
作物の遺伝子を組み換えることにより、早く育ち害虫などにも強くなります。
しかし、この遺伝子組み換えの食材が多く出回っているアメリカでは、ガンや白血病、アレルギーや自閉症などの慢性的な疾患が増えてきていて、この遺伝子組み換えが影響していると示唆されています。
このように、オーガニック食品は健康を守るためにも欠かせない存在です。

check

最終更新日:2017/4/11

COPY RIGHT (C) 自然を喰らえ! ALL RIGHT RESERVED