オーガニック食品に関する情報が満載!

自然を喰らえ!

オーガニックを知るための基準

オーガニックという言葉はよく聞くようになりましたが、具体的にどういうものを示すのかを説明できる人は多くありません。
オーガニックとは自然がありのままの生態系で存在し、互いの共存を邪魔することなく、生命が必要な栄養素を体内に取り入れることで速やかな食物連鎖へと働きかける、化学肥料などに頼らない有機栽培などの促進を言います。
オーガニックの基準は環境の保護と、その環境にあやかる我々生物の健康を守ることに重点を置いています。
無駄に山を切り開いて生産を拡大するのではなく、適地適作でその場で取れる地元の食物を大切にし、地産地消を行うことでそれぞれの土地の食文化を広めていきます。
貿易協定の改定などで海外からの輸入食品や加工食品の勢いが増す中で、日本人が本来持つ味覚というのが麻痺しつつあるという報告もあります。
本当に美味しい食材を料理する場合、調味料すらほとんど必要ありません。
食材そのものの味を知ることが本当の食の喜びであり、健康や地球のための第一歩でもあります。

オーガニックと認定される基準

最近はオーガニックの健康食品や化粧品が増えています。
オーガニックとは有機栽培の有機と同じ意味で、化学肥料や農薬を使わずに生産された有機農産物や有機農産物加工食品のことです。
オーガニックの認証は国の登録認定機関が行い、認証を受けた商品は有機JASマークをパッケージに表示します。
登録認証機関が認証をする際のオーガニックの基準は、農薬や化学肥料を使用せず、有機肥料だけを使って生産された農作物であることが要件になります。
最低3年以上農薬を使っていないことが要件になり、有機肥料の中に化学薬品や重金属が含まれていると認証が却下されます。
労働条件を厳守していることも要件になりますので、労働基準法に違反している生産者は認証されません。
このように基準のハードルはかなり厳しいですが、要件を全てクリアして、有機JASマークを付けることが認められると、国からのお墨付きをもらったのと同じですので、他の商品と差別化することができます。

Favorite

2017/4/11 更新

COPY RIGHT (C) 自然を喰らえ! ALL RIGHT RESERVED