オーガニック食品に関する情報が満載!

自然を喰らえ!

農薬不使用のオーガニック野菜の海外展開

オーガニックの他に有機という言葉もありますが、この2つは同じであるとされています。
オーガニック野菜は化学肥料や農薬を使わずに栽培されたもので、昨今の健康志向ブームもあり多くの消費者に指示されています。
ファーストフード店などでも、作った農家の方の写真とともにオーガニック野菜を使用した商品であることをアピールするところもあり化学肥料を使用していない商品を使用していることは必要不可欠な感じになっています。
最近はインターネットの普及もあり、日本全国から野菜を取り寄せることができる時代です。
農薬を使用しない野菜をネットスーパーで販売し実績を上げている企業も存在します。
TPPにより多くの外国産の野菜が入って来ると日本の農業はつぶれてしまうという話がありますが、今の消費者の感覚からするとあまり影響はないように思います。
日本の製品はこだわりを持って手間暇をかけたものが多く、日本だけでなく海外でも受け入れられる可能性が充分あると言えます。

農薬に頼らないオーガニック農法の仕組み

オーガニック農法を行う際には、太陽や土の恵みを最大限に活かすために、農薬や化学肥料を使わないのが大前提です。
その代わりとして、土壌に大量の有機物を混ぜて、微生物が活動できる土にします。
有機物となるのは、生ごみや稲ワラなどが原料となる堆肥ですから、資源を循環させて使えるメリットもあります。
オーガニックで作られた野菜は、豊かな土壌や太陽の恵みを受けて、本来の旨みや香りが出てきます。
トマトは水に沈むようになり、根菜類には土の鮮烈な香りが残ります。
栽培には大変な手間がかかるのも事実ですが、苦労をした分だけ自然が豊富な収穫量にして返してくれます。
農薬や化学肥料を多用した農法を行っていると、土が疲れ果ててしまい、微生物も寄り付かない環境になります。
大量生産のために農薬を使うことが一般化しても、弊害も多くなったために、昔ながらのオーガニック農法が注目されています。
今では自然環境の保護のために、オーガニックを選ぶ農家も出てきています。

recommend

Last update:2017/4/11

COPY RIGHT (C) 自然を喰らえ! ALL RIGHT RESERVED